なべちゃんの気になるニュース

芸能・エンタメ・健康・漫画・アニメ・天体 等 気になるニュースをまとめます。

    カテゴリ: 食べ物


    Jタウンネット
    「カレーライスを混ぜて食う奴ってなんなの?」。

    「はてな匿名ダイアリー」で2017年3月、こんな議題が投稿され、「普通に混ぜて食ったほうが美味い」「カレーをごちゃ混ぜにしてるのは汚く感じる」などと論議を呼んでいた。

    Jタウンネット編集部はそこで、「カレーライスを食べる時、ご飯とルーを混ぜる?」のテーマで、アンケートを実施して47都道府県別に集計した(総得票数1252票、17年3月23日~4月19日)。

    果たして結果は、どうなったのか――。

    岩手県と静岡県では、「混ぜる」派が多数

    集計の結果、ご飯とルーを混ぜて食べるのは主流ではないと判明した。「混ぜる」と答えたのは29.6%で、3割に届かず。70.4%が「混ぜない」を選んだ。

    都道府県別に「混ぜる」「混ぜない」のどちらが多いか調べると、下記の日本地図のようになった。「混ぜない」多数は30都道府県で、「混ぜる」多数は岩手と静岡の2県だった(票数が並ぶか少なかった場合、「両者が拮抗」と見なした)。


    岩手と静岡で「混ぜる」派が上回った理由は、判然としない。インターネット上でそれらしい情報は見つからず、静岡県出身の同僚に聞いても「分かりません」と言われ、見当が付かなかった。

    一方「混ぜない」派は、石川県と滋賀県、兵庫県、福岡県で圧倒的多数を占めた。石川県と滋賀県は100%(石川県は、14人中14人と驚異的)で、兵庫県は86.7%、福岡県は85.0%だった。

    さすがは石川県、「金沢カレー」を生んだだけあって、ご飯とルーを混ぜる習慣が根付きにくいのかもしれない。「金沢カレー」では普通、ご飯にどろどろとしたルーがかけられ、千切りキャベツが付いているので、混ぜるのにも一苦労を要するだろう。

    明治43年(1910年)創業のカレー店「自由軒」(大阪市中央区)は、ご飯とルーを混ぜて提供することで有名となっている。だが大阪府は71.9%で、数字上にその影響はみられなかった。

    3大都市圏で「混ぜない派」の割合を比較すると、近畿圏が大阪府(71.9%)、京都府(75.3%)、兵庫県(86.7%)、奈良県(75.8%)、首都圏が東京都(66.5%)、神奈川県(69.8%)、埼玉県(71.4%)、千葉県(70.0%)、中部圏が愛知県(60.9%)、岐阜県(66.7%)、三重県(66.7%)となり、近畿圏が一歩リードしていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 blog-img.esuteru.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「カレーのルーとご飯を混ぜる」は少数派! 「金沢カレー」の石川県では、より鮮明に】の続きを読む


    Excite Bit コネタ

    先日、「『オロナミンC』系飲料No.1を決めろ! 炭酸栄養ドリンク15種飲み比べ」という記事を書いたところ、読者の方からいただいた反響の中に「ミンナミンCは無いの?」というような主旨のメッセージがあった。

    「ミンナミンC」……!? 初耳であると同時に、なんとも魅力的な響き。検索してみると、大塚製薬の「オロナミンC」にかなりそっくりな見た目のドリンクであることがわかった。そっくり過ぎて笑ってしまうほどである。なんとしても飲んでみたい。そう思ったのだが、どこで売られているという明確な情報になかなか行き当たらない。

    ドラッグストアやスーパーなどに行けば見つかるだろうかと思い、東京と大阪をウロウロ歩き回った。今回は、その模様をレポートしたいと思う。結論から言うと、残念ながら「ミンナミンC」を見つけることはできなかった。しかし、その替わり、“「オロナミンC」でも「ミンナミンC」でもないやつ”に出会うことができたのだった。


    「ミンナミンC」を探して東京へ
    さて、みなさんもぜひやってみて欲しいのだが、まったくなんのあてもなく「ミンナミンC」を探そうと思ってみても、どこをどう歩いていいやら皆目見当がつかない。

    見当がつかなすぎて、とりあえず東京駅に来てみた。

    丸の内側の駅舎から外へ出て、もう、とにかく適当な方向に歩く。

    自販機が立ち並ぶ路地をのぞいてみる。

    「ドデカミンストロング」
    「DEKAVITA C」
    「ビタエネC」
    「リアルゴールド」
    といった、「オロナミンC系ドリンク」の代表格が続々登場するが、そこに「ミンナミンC」の姿はない。

    桜が綺麗だった。


    東京駅から中央区方面へ歩き、隅田川沿いを散策しつつ、スーパーやドラッグストアを見つけては入ってみたがどこにもない。東京迷子。歩き疲れてどうしても飲みたくなり、「ドデカミンストロング」を購入。

    もちろん美味しいけど、君には埋められない隙間なんだ。

    結局この日は散々歩いたが成果はなく、飲み屋で深酒をして酔いつぶれて寝たのだった。


    大阪で「オロナミンC」の隣に置いてあった違うやつ
    それから数日後、私は大阪・心斎橋にいた。大型のドラッグストアも立ち並ぶエリアなので片っ端から見ていくことにする。

    千日前に人だかりができており、何かと思って近づいていくと、

    「冷やし中華、はじめました~」でおなじみの芸人・AMEMIYAだ!

    まったく根拠はないが、今日は幸先が良い気がする。

    「ツルハドラッグ」
    「コクミンドラッグ」
    グリコ看板の前のにぎわいを眺めながら、
    「マツモトキヨシ」
    と、ドラッグストアをめぐりまくったが、やはり「ミンナミンC」は見つからなかった。しかし……、

    「ビタビネCドリンク」を入手!

    こんな風に、「オロナミンC」の隣で、「私もまあ、似たような、者です」という感じで売られていた。

    「ミンナミンC」は見つけられなかったものの、思わぬ収穫に心が踊った。そのままのテンションで家の近所のドラッグストアも念のため、とのぞいてみると、

    お、
    「ビタミンCドリンク」!

    なんとまあそぎ落とされたネーミングだろうか。オシャレを極め過ぎて裸になったような名前だ。もちろんこちらも購入。

    「オロナミンC」と並べて比較してみた
    「オロナミンC」も買ってきて並べてみる。

    いやー、いい眺めだ。兄弟のようだ。よく見ると、「ビタビネCドリンク」と「ビタミンCドリンク」は瓶の凹凸がまるっきり同じだ。

    キャップも似ている。


    中身をコップにあけてみると右端の「ビタミンCドリンク」がほんの少し色が薄いようだ。まあ、ほぼ一緒ではある。


    早速飲み比べてみる。舌に馴染みのある「オロナミンC」を飲んで、「ビタビネCドリンク」、「ビタミンCドリンク」と飲んでいくと、3つともそれぞれ味が違う!「ビタビネCドリンク」は、なんだかちょっとケミカルな後味が残るのが特徴で、「ビタミンCドリンク」は3つの中で群を抜いて酸っぱい。この中では「オロナミンC」が一番甘みがあるように感じた。

    3つとも内容量は120mlと同じで、ラベルに記載されたカロリーは「オロナミンC」が79kcal、「ビタビネCドリンク」、「ビタミンCドリンク」は共に78kcalとなっている。原材料名を比較していくと、「オロナミンC」には「糖類」、「ハチミツ」などを始め、15種類の原材料名が記載されており、「ビタビネCドリンク」は「オロナミンC」とほぼ一緒。ただ、一点、「リンゴ酢」を含んでいるのが「ビタビネCドリンク」の特徴だ。「ビタミンCドリンク」は、「グリシン」、「アラニン」、「アスパラギン酸」といったアミノ酸を含んでいるのに加え「ガラナ」も配合している点で、他の2つと差をつけているようだ。

    面白いのが「ビタミンC」の含有量の違いで、「オロナミンC」には220mgのビタミンCが含まれているのに対し、「ビタビネCドリンク」は200mg、ビタミンCドリンク」は250mgとなっている。「ビタミンCドリンク」という名前だけあって、ビタミンCマシマシなのか。

    「それぞれ味が違う!」などと前述したが、試しにランダムに選んだものを目隠し状態で飲んでみると、3回中1回は外してしまう私であった。こうして3つ並べて飲み比べているから分かるだけで、もし突然「はいどうぞ! オロナミンCだよ!」と手渡されてラベルを見ずにゴクゴク飲んだとしたらまったく気づかないかもしれない。

    今回、見つけることができなかった「ミンナミンC」もぜひ飲んでみたいので、どこで売られているかご存知の方がいたら教えてください!
    (スズキナオ)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 netgeek.biz)



    <このニュースへのネットの反応>

    【アレに似てる炭酸栄養ドリンク「ミンナミンC」を探して歩き回ったら違うのが見つかった】の続きを読む


    【食べたい^^】『どん兵衛 ギョーザラブうどん』


    <日清食品>「ギョーザラブうどん」5月8日に発売 <日清食品>「ギョーザラブうどん」5月8日に発売
    日清食品は、創作系カップうどん「日清のどん兵衛 ギョーザラブうどん」を5月8日に全国で発売する。麺を皮に、肉ミンチ、キャベツ、ニラ、輪切り唐辛子のか…
    (出典:経済総合(毎日新聞))



    (出典 makernews.biz)


    おそらく、すごくうまいだろうー

    【【食べたい^^】『どん兵衛 ギョーザラブうどん』】の続きを読む


    Excite Bit コネタ

    世の中には、トマトが苦手な人がいる。しかし、トマトが苦手でも、人によってはケチャップは食べられるが、トマトジュースになるとだめ、など、トマト加工品になると「食べられる・食べられない」の差が生まれることがある。
    これにはどんな理由があるのか。トマトジュースを製造・販売するメーカーに、意見を聞いてみた。

    トマトが苦手な人の不思議
    トマトやトマトジュースが苦手という人は多いが、ケチャップやトマト料理は食べられるという人がいる。また、トマトはOKなのにトマトジュースになるとNGになる人もいる。

    トマト
    メッシが大の苦手な食べ物の一つ
    食って食えないことはないが、出来るだけ食わないで済むような立ち回りをする
    トマトケチャップなどの加工品なら美味しくいただける
    ☆3 https://t.co/35tEYQRtBx

    — りおネル・メッシ@ありすさんのファン (@RIO_kudryavka) 2017年4月12日


    わたし、トマトジュースが苦手なのです。料理にトマトジュースが入って煮込んであれば食べられますが、トマトジュース単体が苦手です。

    — きたかわ なんぷう (@nan_phoone_6996) 2017年4月14日



    なぜトマト加工品は種類によって好き嫌いに差が出るのか?
    このように、トマトは加工品になると好き嫌いに差が出るのはなぜなのか。“デルモンテ トマトジュース”でおなじみのキッコーマン飲料株式会社 プロダクト・マネジャー室 高島百合子さんに意見を聞いてみた。

    ●加工度・調味料の違い
    「例えばトマトケチャップとトマトジュースの大きな違いは、製造の際の『加工度の高さ』や『使用する調味料の種類の多さ』にあります。
    トマトケチャップは、トマトペーストに糖類、ビネガー(酢)、食塩、香辛料などをブレンドします。一方、トマトジュースは、トマト以外に何も加えないか、食塩のみが加えられます。つまり、トマトケチャップに比べて、トマトジュースのほうが、トマトそのものの味に近いといえます。トマトジュースが苦手と言われる理由のひとつと考えられます」

    ●トマトジュースは加工用トマトを加熱しているので青臭さが少ない
    「トマトが苦手とする人の中では『トマトの青臭い香りが苦手』という意見が多いようです。青臭い香りは、主に生食用トマトを食べたときに感じられる傾向にあります。
    トマトジュースやトマトケチャップなどのトマト加工品は、生食用トマトではなく『加工用トマト』を使用しています。加工用トマトと生食用トマトは、品種の違いから香りの成分が異なります。また、加工用トマトは、加熱してペースト状にしますが、この工程で青臭い香りが弱くなります」


    トマトが苦手な人でもトマトジュースをおいしく飲む方法
    そこでトマトが苦手でもトマトジュースを普通に飲みたいという人へ、工夫の仕方を教えてもらった。

    「トマトジュースは、果汁とブレンドすると飲みやすくなります。特に、桃のような“うま味”のある果汁とは相性がよく、青臭さもマスキングされます」

    ちなみにデルモンテには糖度2倍で飲みやすいトマト飲料もあるそうだ。

    「当社の商品の中には、原材料はトマトだけではあるものの、独自の製法で通常のトマトジュースより糖度が約2倍のトマト飲料があります。甘みが感じられ、青臭さや強い酸味がなく、一般的なトマトジュースが苦手な方でも『これなら飲める』というご意見をいただいています」

    無理をしてまでトマトジュースを飲む必要はないのかもしれないが、トマト嫌いの大きな原因となる「青臭さ」をうまく抑えることがポイントといえそうだ。
    (石原亜香利)

    取材協力
    キッコーマン飲料株式会社
    デルモンテブランドサイト 
    https://www.kikkoman.co.jp/delmonte/


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 diet-shiyouyo.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【トマト苦手な人がケチャップOKでジュースNGなのはなぜ?】の続きを読む


    「明治 エッセル スーパーカップ フルーツヨーグルト味(香料使用)」(税別130円)
    東京ウォーカー

    スーパーカップ初のフルーツヨーグルト味。

    【写真を見る】2016年12月に発売された「明治 エッセルスーパーカップ Sweet’s 苺ショートケーキ」(税別220円)

    株式会社 明治は、「明治 エッセル スーパーカップ フルーツヨーグルト味(香料使用)」(税別130円)を、5月1日(月)から全国で発売する。

    「明治 エッセルスーパーカップ」シリーズで、ヨーグルトフレーバーの中でも人気の高いフルーツヨーグルト味をはじめて採用した。

    なめらかでコクのあるベースのアイスを爽やかなヨーグルト味に仕上げ、りんご、もも、 みかん、バナナの4種類のフルーツが混ぜ込まれている。

    さまざまなフルーツの味わいとともに、初夏にぴったりな爽やかな味わい。これからの季節に、是非楽しみたいところ。【ウォーカープラス編集部/コタニ】



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.meiji.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【スーパーカップで初のフルーツヨーグルト味!初夏にぴったりの爽やかさ】の続きを読む

    このページのトップヘ