なべちゃんの気になるニュース

芸能・エンタメ・健康・漫画・アニメ・天体 等 気になるニュースをまとめます。

    カテゴリ: 社会


    日刊SPA!

    【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
    “外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

    ◆子供よりも大人の義務教育機関が必要だと感じる
    考える葦(ペンネーム) 会社役員 男性 59歳


     常々思っていることがあります。本当に教育すべきは子供ではなく、大人のほうではないかということです。公共の場で子供が大声を上げて駆け回っていても注意しない大人。子供を列に並ばせて横入りする大人。自分が楽しみたいがために夜遅くまで子供を連れまわす大人。

     日本の将来も子供の将来も自分の将来も考えてないと思わざるをえない大人が多すぎます。そんな大人がいるのですから、子供たちがまともに育つはずもありません。大人のためにあるべき大人の日本人像を学ばせる無償の義務教育機関が必要と感じています。

     定年退職したのちは、そのような教育に携わりたいと考えているところです。佐藤様は大人に対する教育について、どのようにお考えでしょうか? ご指導賜りましたら甚だ幸いです。

    ◆佐藤優の回答

     あなたがご指摘されるように、問題行動をする大人がいます。しかし、それは教育というよりも、むしろしつけの問題です。孔子は『論語』でこう述べています。

    =================

     先生の門人の有子がいわれた。「孝(父母によく仕えること)と弟(兄や年長者によく仕えること)ができている人柄でありながら、目上の人に対して道理に外れたことをするのを好む者は、ほとんどいない。目上に逆らうことを好まない者で、乱を起こすのを好む者は、いない。

     君子は本、つまりものごとの根本に力を尽くす。本、つまり根元が定まって、道、道理が生じる。孝と弟の二つの徳こそ、最高の徳である仁(自然に湧くまごころ、愛情)の本であろう」(『論語』8頁)

    =================

     若い頃にしつけの根本が定まっていない人が、大人になってそれを改めることはまず不可能です。こんな大人のために日本人像を学ばせる無償の義務教育機関をつくって、国民の税金を浪費するべきではありません。変な人間は、時間がたてば社会から淘汰されていきます。「子供を列に並ばせて横入りする大人」や「自分が楽しみたいがために夜遅くまで子供を連れまわす大人」が大人の多数派になることはありません。もっとも「公共の場で子供が大声を上げて駆け回る」ことは、かなりのところ、子供の習性です。私もあなたも子供の頃は、大声を出して公共の場で走り回ったはずです。それだから、子供の行動に関しては、しつけつつも寛容さを失わないことが重要です。

     大人のしつけについても、放置してはいけない問題もあります。それは、政務調査費の不正使用を追及されて号泣する県会議員や、暴言を繰り返し、閣僚を辞任せざるを得なくなった国会議員などの立ち居振る舞いです。このような人たちの常識に反する無節操な行動は、国民生活と国益の双方にとって有害だからです。もっとも、しつけがよくできていない人を選挙で代表に選んでしまう我々にも責任があります。

     あなたがお尋ねの大人に対する教育は、しつけとは別の位相のことと考えています。英語力をつける、経済や国際関係の知識を身につけるなどということも教育の重要な課題です。それと同時に、自分の死に備え、人生の総括をすることも50代以降の人にとって重要な課題になります。当然のことですが、両親がいなければ、私たちは生まれてきませんでした。また、日本の社会によって私たちは育まれてきました。それだから、この社会をどのようにして次の世代の日本人に引き継いでいくかという重要な課題を私たちは担っているのです。私たち一人一人が、次世代のことを考えて模範的に生きることを心がけるべきと思います。そういう生き方をする人に、若い世代の日本人も感化されます。あなたが批判するしつけのなっていない大人も影響を受けるかもしれません。多くの人の努力の積み重ねが社会を強化します。

    【今週の教訓】
    無節操な政治家は国民生活にも国益にも有害

    【佐藤優】
    ’60年生まれ。’85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。’02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『「ズルさ」のすすめ』『人生の極意』など著書多数

    ※『佐藤優のインテリジェンス人生相談』は週刊SPA!にて好評連載中



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 cycle-japan.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【子供よりも「大人の義務教育機関」が必要!? 問題行動をする大人が多すぎる】の続きを読む


    とある店の“万引き防止ポスター”がひどい! 「オーバーキルすぎる」
    バイレーツ

    コンビニエンスストアやスーパマーケットなど、小売店が頭を悩ませる万引きという犯罪。

    各店舗が万引き対策に苦心しているところだが、とある店の“万引き防止ポスター”が面白いとして話題となっている。

    Twitterユーザーの#PaRu(@Paswd0)さんがツイートした画像が、こちらである。

    ボッコボコのフルコンボにしてやるドン! pic.twitter.com/tnXH5HjEYN

    — #PaRu (@Paswd0) 2017年7月31日


    バラエティお祭りゲームとして定番の“音ゲー”『太鼓の達人』をもじった「取り締まりの達人」として、「万引き(したら)⇒警察(に通報)⇒親(に来てもらい)⇒学校(に連絡します)」と書かれている。

    『太鼓の達人』のキャラクター“和田どん”と“和田かつ”を思わせるイラストも添えられ、「ボッコボコのフルコンボにしてやるドン!」と万引き行為を牽制しているのである。

    しかも「万引きした物をもらうのも犯罪って知ってたカッ?」と、トドメのセリフまで添えられているのだ。

    ■Twitterの反応

    うまい!ww https://t.co/EG9Hs68wfv

    — Ray Bismuth@作曲, 歌 (@Ray_Bismuth) 2017年8月1日

    精神的にオーバーキルだなこれ… (;¬∀¬) https://t.co/S09olOftD7

    — MASAKI (@MASAKI73712807) 2017年8月1日

    クソまじめな注意書きより数億倍のパワーがあるよね。 https://t.co/eDEXQHmfUf

    — Tanuki V (@MikuakiV) 2017年7月31日

    怖ぇーよwww https://t.co/vnt4dWPpa7

    — 空木 冴紅鵺→加工師☪︎·̩͙˚· (@utugi64sakuya) 2017年7月31日

    "太鼓の達人"を使っているお店の方もヤバそう https://t.co/fFsDkWExfP

    — OTN (@OTNIT810) 2017年8月1日


    ※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【とある店の“万引き防止ポスター”がひどい! 「オーバーキルすぎる」】の続きを読む


    画像はイメージ(Emma Dixonさん撮影、Flickrより)
    Jタウンネット

    うどん店で聞いた、今年新卒に尋ねられたというある質問(?)が、衝撃を与えている、こんなツイートが2017年6月22日に投稿され、話題になっている。

    ではここで、実際どんな質問(?)だったのか、みてみよう。

    某うどん店で「今年の新卒がさ〜」って聞こえてきて、まーた常識押し付けか〜?って思って聞いてたら「真面目ないい子なんだけど、会議16時からねって言ったら大真面目な顔して『時計には12までしか数字ないですけど、16時って...?』って言われちゃってさぁ」
    それは...うん...そうか...(ズズズ...
    - 美少女・森鴎外(ルナ) (@mystia04) 2017年6月23日

    これは投稿者の美少女・森鴎外(ルナ) さんが、とあるうどん屋で聞いた今年の「新卒者」からの驚きの質問を記録したものだ。うどん屋で会話をしていたのは先輩社員のようで、新卒者に「会議は16時から」ということを伝えたという。常識的に考えれば、「16時から=午後4時から」という事は、すぐに理解できるだろう。ところがこの新卒者は「時計には、12までしか数字ないですけど、16時って...?」と真面目な顔で、真剣に尋ねてきたというのだから驚きだ。確かに時計を見ると、12までしか数字は存在しない。仮に24時間計を利用した事がなかったり、教えてもらう機会などが無ければ、知らないまま大人になってしまうというケースもあるだろう。この質問に「海外は午前午後で考えるので、帰国子女なのかもしれませんね。」「普通に残念な子でしたね...」など、さまざまな感想や驚きの声が多数寄せられている。

    ツイートへの反応「バス乗るときどうしてんだろ...」

    このツイートには、こんな反響が。

    フォロー外より失礼します。「16時」(つまりPM4時)っていう言い方って、私の世代だと小学2年生辺りで習ったはずなのですが...今は異なるのでしょうか?
    - リンファ@松2期楽しみ (@Lingfa_Cho) 2017年6月23日
    今の会社って入社した子に仕事の前に常識や一般的な教養を教えないといけないのか...
    - 廿楽 (@0tudura) 2017年6月24日
    この人電車とかバス乗るときどうしてんだろ・・・
    - 早瀬川 椎名 (@hase47) 2017年6月24日

    こんな風に聞かれたら、正直驚いてしまう気がします...。「真面目ないい子」という事なので、今後が心配です!(ライター:a rainbow)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 c1.staticflickr.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ビジネスマン「会議16時からね」 →困惑する新人「16時って...?」】の続きを読む


     菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、各種世論調査で安倍内閣の支持率が第2次内閣発足以降最低となったことについて、「一喜一憂すべきではない」としつつも、「国民の声として真摯(しんし)に受け止めたい」と述べた。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【支持率下落は「国民の声」=菅長官】の続きを読む


    プレジデントオンライン
    現役時代、自閉症の息子と奥さんの看病をしながら、仕事に邁進した佐々木常夫さんに強い心を持つための秘訣を聞いた。

    ■何度叱られても心が折れない人の正体

    会社勤めをしていると、精神的に辛い状況に置かれることは少なくないと思います。特に経験が浅いうちは未熟ですから、上司からたび重なるダメ出しや叱責を受けて、心が折れそうになることもあるでしょう。そこで萎縮してしまわないために、ぜひ前提として知っておいてほしいことがあります。それは、「私たちは何のために仕事をするのか」ということです。

    仕事を通じて成長することと、自分のチームや顧客、地域社会に貢献すること──。人間は、この2つに喜びを感じ、モチベーションが高まります。もちろん好きな女性に格好いい姿を見せたいとか、仕事をする理由は人それぞれで構いません。

    要は、私たちが仕事をする意義は、自分の幸せをつかむことにあると納得できればいい。そのように働く意義を自分ゴト化して捉えることができれば、困難に直面してもエネルギーが湧いてくるものです。図太い人でも、小心者であっても心を支える土台は変わらないのです。

    一方、この大前提がボヤけていると心が折れやすくなります。本来であれば、社会に出る前に家庭や学校で働く意義を教えていればいいのですが、そのケースは稀。だから、今の新入社員や若手社員は叱られると萎縮し、すぐにダメになってしまう。彼らには、仕事を教える前に、まずは働く意義から教える必要があるのです。

    そうすれば、ピンチがチャンスであるということにも気づけるはずです。

    私もかつて東レで営業を担当していた頃に、大きな失敗をしたことがあります。誤って強度の低い糸を出荷してしまい、そのことに気づいたのは、取引先がその糸で製品をつくってしまった後でした。聞いたその日に私は取引先のある熊本まで飛んでいき、正しい糸を無償で提供することと、誤った糸でつくられた製品をすべて買い上げることを取引先の社長に伝えました。すると、その対応の早さを社長に気に入ってもらえて、取引量を拡大することができました。

    相手からの評価が悪くなったら、評価されるように改める。単純化して考えれば、ただそれだけの話であり、萎縮してやらないことは勿体ないと思えます。

    ■職場の悩みを消すアドラー心理学

    では、人間関係でヘコたれない心を持つにはどうすればいいか。ここでヒントになるのが、昨今、注目を集めているアドラー心理学です。

    アドラーは、人間の悩みの原因はすべて対人関係にあると言っています。対人関係のトラブルがなぜ起こるかというと、他者の領域に土足で踏み込むからです。考えれば当たり前ですが、自分の考えはコントロールできても、他者の考えをコントロールすることはできません。他者の考えることを、あれこれ不安に思ったり不快に思ったりしても、一向に埒があきません。それこそが、「嫌われる勇気」を持てということだと私はとらえています。

    ですから職場の噂話も同じで、気にする必要はありません。したい人にはさせておけばいい。あなたが間違ったことをしていないのであれば、自信を持てばいいのです。真実はいつも1つ。たとえ職場で悪い噂が広がったとしても、あなたが真摯な人間であれば、周囲の人たちは「あの人はそんなことはない」とわかってくれるでしょう。

    サラリーマン人生では、上司とそりが合わずに辛いという困難にもどこかで直面するでしょう。

    私自身も上司と衝突して左遷された経験があります。当時、同期の中で最初に取締役に選ばれていましたが、いきなり正規ルートを外され、社員30人の東レ経営研究所の社長になれ、という人事がくだりました。当時はトップを目指していたので、とても悔しかった。

    ■サラリーマン諸君! 理不尽を引き受けよ

    しかし、左遷先の東レ経営研究所では社長です。ほどなくして、部下に仕事を任せれば、自分の時間がいくらでもつくれることに気づきました。その頃、初めて執筆した本が10万部ほど売れ、やがて次から次へと出版や講演の依頼がくるようになりました。今、私が定年を過ぎてもこうして好きな仕事を続けていられるのは、そのときの人事を真正面から受け止めて置かれた場所で咲いたからです。

    そもそも、上司に恵まれているという人は、そう多くないと思います。会社で仕事をしていくということは、理不尽なことを引き受けるということです。会社にいる以上、不愉快なことが山ほど出てくるのは当たり前のこと。ですから、その中でどうすれば楽しくやっていけるかを考えるべきでしょう。

    サラリーマンには理不尽なことが多い半面、恵まれている面もたくさんあります。決められた時間だけ働けばいいし、休日もある。月々決まった給料がもらえて、退職すれば退職金までついてくる。農業や自営業の人たちからすれば、うらやましい限りです。そんな恵まれた環境で働いていることを自覚できれば、理不尽さも前向きに受け止められるのではないでしょうか。

    ----------

    マネージメント・リサーチ代表 佐々木 常夫(ささき・つねお)
    1944年、秋田県生まれ。69年、東京大学経済学部卒業後、東レに入社。2001年取締役。03年東レ経営研究所社長。10年より現職。現在は経営者育成プログラムの講師などを務める。近著に『40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい』(文響社)。

    ----------



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.d-laboweb.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【小心者が変身】の続きを読む

    このページのトップヘ