なべちゃんの気になるニュース

芸能・エンタメ・健康・漫画・アニメ・天体 等 気になるニュースをまとめます。

    カテゴリ: 動物


    『コビトカバ 赤ちゃん』


    ちっちゃい! コビトカバの赤ちゃん、チリの動物園でお披露目 ちっちゃい! コビトカバの赤ちゃん、チリの動物園でお披露目
    …)郊外のブイン動物園(Buin Zoo)で5日、生後2週間の雌のコビトカバの赤ちゃんが報道陣にお披露目された。名前はまだないという。 両親の体重は約2…
    (出典:国際総合(AFPBB News))



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    【『コビトカバ 赤ちゃん』】の続きを読む


    『パンダの赤ちゃん 性別』


    上野のパンダの赤ちゃん、「雌」と判明 上野のパンダの赤ちゃん、「雌」と判明
    …ジャイアントパンダ、シンシン(Shin Shin)が最近生んだ赤ちゃんの性別が雌であることが判明したと発表した。赤ちゃんパンダの健康状態は良好だという…
    (出典:国際総合(AFP=時事))



    (出典 alcornavi.com)



    【『パンダの赤ちゃん 性別』】の続きを読む


    AOL News


    トルネードに巻き込まれ、道路の向こう側に飛ばされた犬がつい先日、家族の元に戻ったという。


    約3週間前、トルネードがノースカロライナ州デイビー郡を通過し、Lewis Vannoyさんが飼っている12歳のオーストラリアン・シェパード、デュークが300メートルほど飛ばされた。

    「(デュークは)渦を巻いた風の中に巻き込まれ、ぬいぐるみのように持ち上げられて放り投げられたんだ」、「デュークの元にいくと、彼は放牧場の道路の向こうにいた。ほとんど歩けず、ひどい痛みに襲われてね。力が出ず、鳴いていた」とVannoyさんは語っている。

    デュークの右足は折れていて、網膜も傷ついていたという。デュークは、何度も手術を受け、動物病院に入院していた。

    現在、デュークは家に戻り、くつろいでいるが、Vannoyさんはまだトルネードによる被害のショックから抜け出せないようだ。

    「35年かけて築いてきたものが、35秒で破壊されてしまった。家や倉庫、ガレージ、トラクター、芝刈り機、損傷を受けていないものはここには1つもない」と語り、家の損傷はあまりにもひどくて、直すことができないという。

    「もう一軒家を建てて、もっとたくさんの思い出を作るよ」とVannoyさんは話している。Vannoyさんは馬も飼っているが、その馬もトルネードに巻き込まれ、生き残ったそうだ。

    もしトルネードの警報が出たら、避難してほしいとVannoyさん。状況はもっと最悪なものになっていたかもしれないからだ。



    ■参照リンク
    http://www.aol.com/



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 img.vidible.tv)



    <このニュースへのネットの反応>

    【トルネードで300メートルも飛ばされた犬が、命からがら生き延びる!?】の続きを読む


    『毎日パンダ』


    「私とパンダ、どっちが大事なの」 毎日パンダの会社員 「私とパンダ、どっちが大事なの」 毎日パンダの会社員
    …ップすると、多くの反応が寄せられた。 6年近く休まず更新するブログは「毎日パンダ」。職場の理解を得て、出社前に通う。紹介する写真は、展示ガラスに自身が…
    (出典:社会(朝日新聞デジタル))



    (出典 uenogasuki.tokyo)



    【『毎日パンダ』】の続きを読む


    すごいポーズ
    ねとらぼ

     多摩動物公園でサーバルキャットの「アポロ」くんの、とんでもないポーズを取っている瞬間が撮影されました。つるされた肉をジャンプキャッチしたあとなぜか後ろ足から降りていき、空中で猫科とは思えぬ「大」の字になっています。“フライングすしざんまい”だ!

    【画像】大体一致している「けもフレ」サーバルの“すしざんまい”

     この写真を撮影したのは、Twitterユーザーのしろくまさん。投稿から1日弱で、1万回以上リツイートといいね!されています。サーバルキャットのお腹がここまでバッチリ見える写真は、珍しいですもんね。

     また、このポーズがテレビアニメ「けものフレンズ」に出てきた「サーバル」の“すしざんまいポーズ”となんとなく一致していることから、“リアルすしざんまい”と表する声も。サーバルキャットと“すしざんまいポーズ”は切っても切れない関係にあるということなのでしょうか(?)。

     また、しろくまさんは他にも、つるされた肉をジャンプキャッチしているところの凛々しい写真や、くつろいでいる姿の写真なども投稿しています。どれもかわいいですね。

    画像提供:しろくまさん



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 farm3.static.flickr.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【多摩動物公園のサーバルキャットがとんでもないポーズを披露 空中で大の字になる“フライングすしざんまい”】の続きを読む

    このページのトップヘ